新卒入社の会社に、地味なサービス残業があった話

シェアしてもらえると大喜びします!

 

こんにちは。

キング・ブログ・スライムです。

 

私は今年の4月に大手金融系の企業に入社しました。

入社する前と後では、やっぱりギャップがあります。人によって気になることは色々だと思いますが、私は労働時間や給料が払われているかどうかなどに目が行ってしまいます。

 

今私が勤めている会社では、地味なサービス残業が横行しています。

本当に地味なんですが、企業に内定をもらって面談をした時、「うちの会社は分単位で残業代や給与が支給されます」と聞いていただけに、そしてその部分を人事の方が強く強調していただけに、労働時間の管理についてはかなり期待していました。

 

小さいといえば小さいのですが、就業前と就業後の15分間はたとえ少し残業したとしても切り捨てられます。

例えば9時始まりだったとすると、8:45~8:59にタイムカードを切る必要があります。

ただし、新入社員は早めに出社して仕事チェックをするべきだと暗に上司から指示を受け、8:45ごろには会社に着いています。

 

そして終業は6時だったとします。

タイムカードを切らないといけないのは、6:00~6:15の間です。

それより後にタイムカードを切ると残業判定になってしまい、それよりも早く帰るようにと無言の圧力があります。

もちろん早く帰れるのでいいことではありますが。

6:00ジャストに仕事が終わるなんてことはありませんから、退社できるのは6:10ごろになります。

 

しかし会社のルールに則れば15分単位に満たない部分は切り捨て。

例でいえば、終業前の15分と終業時間後の10分の間の給料は出ないことになります。

 

つまり1日当たり25分ほどの給料が発生していないことになります。

給料でいえば700円ほどですから、一日当たりで見ると大したことはないかもしれませんが、一か月の20日勤務で見ると、1万4000円ほど損していることになります。

 

そしてさらに、私の会社は8時間勤務の9時間拘束です。

つまり、勤務時間のほかに1時間の休憩時間があり、その時間は給料が出ないです。

 

友人には8時間勤務8時間拘束の企業もあり、休憩時間は労働時間に組み込まれています。

私は今の会社を選んだ理由の一つに、残業が少なく拘束時間が短いから、ということがあったのですが、他の会社でいえば1時間サービス残業をしているのと変わらないことになります。

 

また、仕事が忙しくて休憩時間も30~40分ほどになっています。

休憩時間の1時間は給料が出ませんから、これもタダ働きですよね?(笑)

 

先輩社員も昼休憩は短いようで、1時間丸々とっているところはほとんど見たことがありません。

8時間拘束8時間労働の会社ならいいんですよ。これでも。

勤務時間内に1時間休んでいるところを、忙しいからという理由で働いているだけだからです。働いている時間も給料が出ているわけで、休めないので疲れるという点はありますが、給料という点では問題ない。

 

でもうちの会社は1時間休憩として給料が出ていないわけで、その時間も労働時間として使うのはおかしい。

給料が出ていない時間に働くのは嫌じゃないですか?

 

管理職なら成果が求められるので、時間に関係なく働くのは分かりますが、私たちは日給月給社員。

残業や早朝出勤に対してもしっかりと手当てを払ってもらわないと。

 

まあちっちゃなことではありますが、労働時間の管理に期待していたので、その辺のルーズさに結構ガッカリしています。

就活生は内定を複数社からもらって企業を選ぶとき、良いことを色々と言われてもあまり期待してはいけないよ、ということでした。

以上です!

関連記事もどうぞ

シェアしてもらえると大喜びします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です