ロボット掃除機『ILIFE V8s』と2週間生活を共にして感じたこと

シェアしてもらえると大喜びします!

 

充電中のILIFE V8s

こんにちは。

キング・ブログ・スライムです。

 

少し前に『ロボット掃除機『ILIFE V8s』開封の儀』を行いました。

※詳しい内容物を確認したい場合はこの記事をご覧ください。

 

ILIFEシリーズのロボット掃除機は、高くて3万円、安いものでは1万5千円程度で手ごろ。

そして値段の割に頭がよく、ILIFE V8sに至っては掃除機だけでなくモップ(水拭き)の機能が備わっています。

 

また、取り換え用の備品が充実しているなど、私的には好印象だったのですが、実際に使ってどうだったのでしょうか?

今回は、ILIFE V8sを2週間ほど使って感じたことをまとめてみます。

 

※楽天はこちらから>>『楽天「ILIFEシリーズ」検索結果


今回感じたことのまとめ!

・ロボット掃除機は最強の時短家電!余った時間は趣味に! ⇦重要!

・隅々まで掃除できていて、意外に優秀です

・リモコンを操作することで、”普通の掃除機”として利用できます

水拭きは床を抑える力が弱く、あくまでおまけ機能と考えたほうが良いでしょう


まだロボット掃除機買ってないの?

方向を変えるため回転中のILIFE V8s

挑発的なタイトルですが(笑)、ロボット掃除機『ILIFE V8s』と2週間共に過ごして感じたことはこれ。

一言でまとめるなら、ロボット掃除機は家事と生活がすっごい楽になる。買うべし。

 

「1台数万円するロボット掃除機は高級品で、普通の掃除機があれば十分」「ルンバは物好きが買うもの」などと思われがち。

確かにロボット掃除機は敷居が高いだけあって、トライする人が少なく、その利便性に触れる機会が滅多にありません。

 

スマートフォンを使うまではガラケーで十分だと思っていたけど、iPhone買ったらもうガラケーなんぞには戻れない、と先ほど駅ですれ違った男性が言っていましたが、ロボット掃除機もまさに同じです。

こればかりは使ってみないと分からないのですが、どうにかしてそのすばらしさを伝えたいのですが、それは難しいと思うのですが、頑張ってみます。

 

普通に掃除できていて感動

足元もしっかり漏れなく掃除してくれます

私の部屋はダイニングキッチンということで部屋の見取り図は正方形でなく、ロボット掃除機にとっては掃除しにくい見取り図。

また、テーブルがあったり机があったりで、障害物も多く置かれています。

そして部屋のあちこちにホコリが溜まっていますが、ロボットに掃除できるのでしょうか?

 

実際に掃除させてみると、2週間掃除できておらずホコリまみれだった私の汚部屋がピカピカになっているではないですか!

普通に掃除できていて感動しました(笑)

ネットのレビューには、「数年前のルンバからILIFEシリーズに乗り換えたが、それよりも賢い」という意見も散見されたので、かなり優秀だと思います。

スポンサーリンク

掃除機として使える

リモコンを使えば自由自在。もはやラジコンみたい‥‥(笑)

見落としがちなんですが、ロボット掃除機は掃除機として利用することができます(?)

読み直して意味不明だったので「?」をつけたのですが、”通常の掃除機”として利用できるんです。

 

ILIFE V8sにはリモコンがついていて、例えば床に落ちている消しゴムのカスを掃除したいとき、ILIFE V8sをラジコンのように操作すれば、掃除機として使えます。

リモコンで操作するだけなので、普通の掃除機を使うよりも楽ですよね。

 

日常生活が楽になる、時短

 

床の掃除って、実はなかなか体力を使います。

というよりも、ロボット掃除機「ILIFE V8s」を毎日使い始めてからその驚愕的事実に気付きました。床掃除って結構大変なんです。

 

特に、大学のゼミや就活で忙しい大学生や仕事をしている社会人、まだ幼いお子さんがいる主婦の方にとって体力は貴重なもの。

忙しくて毎日できず、数日や1週間に一度だったとしても、その1度のお掃除が結構な負担です。

 

でもロボット掃除機が一台あれば、こと掃除については何もしなくても済むんですよ。

仕事から帰って空いた時間は自分の趣味に使えますし、育児との両立も簡単になります。

言葉で表すと単純に”時短”の一言なのですが、その先には無限の可能性が広がってます。

 

水拭き機能は完ぺきとは言えない

床を一生懸命に水拭きするILIFE V8sですが‥‥

機能と値段を考えると、満点をつけてあげたいところなんですが、水拭き機能はおまけ程度と考えた方が良いでしょう。

 

掃除の方法について軽く説明すると、ILIFE V8sではお尻の部分にモップが付いていて、カートリッジから定期的に流される水を使ってモップ掛けされます。

ただ、床を抑える力が弱く、こびり付いた汚れは取れません。人力でゴシゴシ擦り取るしかなさそうです。

 

床はやや濡れています

水量は多めで、水拭きをした直後は湿っているので、30分ほど時間を空けて使った方がよさそうです。

床のゴミやちょっとした汚れは取れていて、乾燥した後はフローリングがツルツルになって快適です。

スポンサーリンク

最もコスパが良いのはILIFEシリーズ

 

ネットでロボット掃除機を調べると、選択肢はルンバかILIFEシリーズのどちらかの選択肢になるでしょう。

価格や性能、できることなどを考えた上で最も優れた端末は、「ILIFE 」シリーズだと思います。

 

まずILIFEシリーズはお値段が1.5~3万円で、7万円近くするルンバと比べると買いやすいということ。

初めて買うロボット掃除機に7万円つぎ込むのは、ためらってしまいますよね。

一方で、1台1万円以下の安物の端末は、本当に掃除してくれるのか不安。まさに安物買いの銭失いになる危険性があります。

ILIFEシリーズがちょうどよい価格帯です。

 

そしてILIFE V8sの最大の長所は、掃除機と水拭き機の機能をどちらも備えているところ。

ルンバを含めた世界中のロボット掃除機の中で、掃除機に加えて水拭き機能が備わっているのはILIFE V8sとその型落ちであるILIFE V5sだけです。

私が今住んでいる家はフローリングで、掃除機だけでなく水拭きもしたかったのです。

 

ルンバシリーズで水拭きをしたい場合は、通常のルンバに加えて水拭き専用機『ブラーバ(iRobot Braava 380j)』を買わねばならず、経済的にもスマートではありません。

因みにルンバをお試しで使ってみたいなら、『【公式】ルンバ・ブラーハ15日間お試しレンタル』から使ってみることも可能です!

 

① ILIFE V8s

私が今回レビューした機種。2018年3月発売の最新バージョンです。掃除機&水拭きの両方できるのが魅力的です。

またロボット掃除機において最重要である”頭脳”は、シリーズ中で最も優秀です。

※楽天はこちらから>>『楽天「ILIFEシリーズ」検索結果

 

② ILIFE V3s Pro

特にペットの毛やホコリに強い設計になっています。値段も手ごろで、ロボット掃除機を始めるにはちょうどいいかもしれません。

※楽天はこちらから>>『楽天「ILIFEシリーズ」検索結果

 

③ ILIFE V5s Pro

手ごろな価格で掃除機&水拭きの両方ができる掃除機が欲しいなら、このILIFE V5s Proがおすすめ。

2017年4月発売で1年型落ちですが、十分すぎるほど使えるはずですよ!

※楽天はこちらから>>『楽天「ILIFEシリーズ」検索結果

 

以上です!

関連記事もどうぞ

シェアしてもらえると大喜びします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です