蔦屋書店「アクロスプラザ富沢西店」に行ってみた

シェアしてもらえると大喜びします!

 

蔦屋書店の隣にあるタリーズコーヒーです

こんにちは

キング・ブログ・スライムです。

 

蔦屋書店って知ってますか?

私は数ヶ月前まで東京にいて、暇なときはちょくちょくここに行ってたのですが、仙台に移ってきてからは行けるチャンスがありませんでした。

 

グーグルマップで「仙台 蔦屋書店」と調べてみると、仙台周辺にあったのは「蔦屋書店 アクロスプラザ富沢西店」と「蔦屋書店 仙台泉店」のみ。

仙台泉店は地下鉄・泉中央駅からバスでいく必要があって少し遠いので、今回は駅から近い蔦屋書店 アクロスプラザ富沢西店に行ってみました。

スポンサーリンク

富沢駅から徒歩15分ほど

地下鉄南北線終点である富沢駅です

駅から歩きます。

 

途中、川を渡ることになります。

川といってもほとんど水が流れておらず、ほとんど歩道です。

 

それでも一応、一級河川でした。

名前は“ざるがわ”で、状況を的確に表せたネーミングセンスは素晴らしいと思います。

 

大通りを10分ほど歩くと、目的の書店が見えてきます。

 

蔦屋書店だけでなく、ヨークベニマルなどスーパーも入居しています。

 

逆行で少し見えづらいですが、右側にはタリーズコーヒーも併設されています。

未購入の本をタリーズに持ち込んで読むことも可能です。

スポンサーリンク

店内は普通の蔦屋書店

入口は普通の本屋です。

 

テーマごとに本が陳列されています。

夏ということで、夏関連の小説が特集されていました。

 

蔦屋書店が面白いのは、本屋であるにも関わらず、落ち着いて座り読みできるスペースがあったり、コーヒーを片手に読書できるテーブルがある点。

 

タリーズコーヒーと共にお好きな席で読書をお楽しみください、とある通り、まだ買っていない本をここで読むことが可能です。

 

Philipsのスピーカーです

あと本屋なはずですが、家電や家具など本に関係ないものまで売られています。

 

あとは書店にタリーズコーヒー(スタバのところもある)が併設されていて、購入していない本を持ち込んでコーヒータイムすることもできます。

 

私もついさっき購入したコーヒー(本日のコーヒー)を片手に読書を楽しみます!

買おうか迷っている本を長期間立ち読みするのは難しいですが、カフェで読めるならじっくり読みこんだうえで買えると思います。

 

【TSUTAYA online】」 なら事前に本を予約購入して、店頭で貰うこともできますよ!

あとTポイントが貯まるのも大きいですね〜

記事は以上です。

関連記事もどうぞ

シェアしてもらえると大喜びします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です