2件のフィードバック

  1. 名無しさん より:

    『自殺をしてはいけない理由』をずっと考えてますが、未だに納得する答えが浮かばないですね。
    私自身、自殺願望があるので合理的な理由をもって自分を説得したいと思ってますが、残念です。

    個人的には自殺を肯定するのが一番良いと思いますね。
    それで安楽死を合法化させて、死にたい人は死ぬ・生きたい人は生きる。
    これからAIが進化して人間の労働がいらなくなった時、私たちは死を選ぶ権利を得れることを期待してます。
    それによって、ようやく”生という牢獄”から解放されるのかなと考えました。

    • king-blog-slime より:

      初めまして。

      自殺をしてはいけない理由は合理的に考えるほど説明がつかないと思います。
      私がこの記事を書いたのは、実は、自殺を擁護するためではありません。一般に自殺がダメだとされるのは、「周囲が悲しむから」「明日生きるのに困っている人もいるのに贅沢だ」といった他人視点の指摘がされますが、どれも本質的な理由にはなりえません。
      自分の命をどのように扱うかは、その人にあるべきだと考えるからです(自己決定権)。

      ただ、自殺がだめだといえる理由はないと考え、自分の生についてゼロベースで考える方が、自分にとって本当に自殺がダメな理由(どうして今生きているのか)が見つかりやすいのではないでしょうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です