≪図解≫SuicaとPASMO―連絡定期券の作り方を1社・2社・3社・4社ごとに解説しました

シェアしてもらえると大喜びします!

 

今回は「パスモ(PASMO)とスイカ(SUICA)の連絡定期券は、どちらで作ればいいのか」という疑問にお答えしようと思います。

 

具体的には、、、

 

私鉄を乗り継ぐ予定だが、SuicaのみでOK ?
この鉄道会社は、スイカ定期を作れるの?
JR+私鉄で連絡定期券をつくる予定だが、パスモ1枚で作れるの?逆にSuica1枚は?
私鉄+JR +私鉄と3路線を乗り継ぐが、どこで定期を登録すればいいか?スイカは使えるのか?

 

などなどです。

 

私は関西出身なので、初めて東京に来たときは、切符を購入して電車に乗っていました。

通学が始まるとIC定期を購入しますが、私鉄とJRを乗り継ぐ予定だったので、PASMOなのかSUICAなのか、果たしてそれぞれ別に買わなければならないのか、全く分かりませんでした。

 

SuicaとかPASMOとか意味不明!(怒)

 

私の様な疑問を持つ方も多いかと思います。

 

そんな疑問に答えるために、今回は定期の登録を1路線・2路線・3路線・4路線の4パターンに場合分けして考えてみます。

IC定期を作成するルールは、通勤定期・通学定期ともに同じなので、学生だけでなく主婦、社会人の方にも役立つはず。

※なお、一部の路線・駅では、例外的に連絡定期が作れない場合がありますので、詳細は駅係員にお尋ねください。

 

まず始めに、スイカとパスモの紹介から始めます。

 

【記事内容を引用・参考される方へ】

学校のレポートであれ、ブログであれ、記事を引用・参考にする場合は、ルールを正しく守ってください。

①引用する本文を引用のタグでくくり(”~~~”など)

②引用元サイトのリンクを明記する

ネット上で守るべき最低限のルールです。語尾・単語を修正しただけの転用も禁止です。

スポンサーリンク

パスモ(PASMO)とスイカ(Suica)とは

 

パスモ(PASMO)とは

パスモは主に関東の私鉄で使われているICカードのことで、定期券として利用できるほか、お金を先にチャージして切符代わりに使うことができます。

 

pasumo(パスモ)

 

パスモが定期券として使える私鉄は、、、

伊豆箱根鉄道、江ノ島電鉄、小田急、関東鉄道、京王、京成、京浜急行(京急)、京成、新京成、西武、多摩モノレール、東京急行(東急)、東京メトロ、都営地下鉄、東武、つくばエクスプレス、、、

 

と挙げていけば、キリがありません。

PASMOは、関東の私鉄のほぼ100%で使うことができます。東京への通勤・通学の範囲内であれば、100%使えるといっても間違いないでしょう。

 

使える路線よりも、使えない路線を考えた方が良いです。使えない路線が多いのは、地方のローカル線です。

例えば、秩父鉄道、わたらせ渓谷鐵道などがあります。自動改札がなかったり、無人駅であったりなどで、パスモを導入できないためです。

 

スイカ(Suica)とは

 

スイカ

 

そう、Suicaはヨーロッパの大地で育ったスイカ。日本のスイカとは一風違った味を持ち、サラダに入れると、、、

ではありません(笑)。

スイカが世界的果物であったとしても、「Siuca」とは言いません。

 

今回説明するスイカ(Suica)はICカードのスイカです。

 

SUICA(スイカ)

 

スイカは、主にJR東日本で導入されているICカードです。パスモと同様、定期券や切符代わりとして利用できます。

JRでICカードの定期を作成したい際は、スイカを使用します。

パスモと同様に、東京への通勤圏であれば100%使えます。

 

ただし、関東に住む多くの方は「スイカ=JR」と考えてしまうかもしれませんが、実は、富士急行や東京モノレール、東京臨海高速鉄道、埼玉新都市交通、伊豆急行といった一部私鉄でもスイカで定期券を作成することが可能です。

関連記事『≪図解≫不要なSuicaとPASMO – 払い戻し手数料¥0になる場合は??

関連記事『suica PASMOを清算しつつ、改札を出ずに新幹線に乗り換える方法は?

 

SuicaとPASMO―定期作成は別ルールです

 

2013年3月23日から、スイカとパスモの相互利用が可能になりました。

つまり、「お金をチャージしたパスモでJRに乗る」や逆に、「お金をチャージしたスイカで私鉄に乗る」ことが可能になったということ。

※「チャージ」とは、ICカードに1000円など一定額のお金を、先に振り込んでおくことを言います。

 

現在では、パスモであろうがスイカであろうが、チャージして切符代わりに使う分には全く差がありません。

ただし、相互利用が可能なのはチャージしたICカードで乗車する場合であって、定期券として登録する際は別にルールがあります。

例えば「JR山手線をPASMOで乗車する」は可能であっても、「JR山手線の定期をPASMOで作る」ということはできません。

 

 

その詳細についてこれから述べていきます。定期を登録する会社が「1社」「2社」「3社」「4社」の場合でそれぞれ考えます。

スポンサーリンク

1.定期の登録が1社(1区間)のとき

 

つまり、JRのみを利用する場合や、私鉄一社を利用する場合です。

 

JRのみを利用する場合=スイカ(SUICA)

私鉄一社のみを利用する場合=パスモ(PASMO)

 

です。その逆はできません。これは非常にわかりやすいですね。

 

 

2.連絡定期券の登録が2社(2区間)のとき

 

定期として登録するのが2区間であるときは、①「JR+私鉄」もしくは②「私鉄+私鉄」の場合があります。

なお、複数の路線を乗り継ぐ場合であっても、1枚のICカードで全路線の定期を作成することができます。パスモ1枚もしくはスイカ1枚で、全区間登録オッケーということです。

例えば、「JR+京急(関東にある私鉄)」の場合、全区間をSuica1枚またはPASMO1枚で作ることができます。

 

①「JR+私鉄」

場合分け①

 

パスモ・スイカどちらを使っても、定期を作成することができます。

ただし、スイカの定期購入をする場合は、JRの窓口しか受け付けていません。逆にパスモの定期券を購入する場合は、利用する私鉄の窓口しか受け付けていません。

 

②「私鉄+私鉄」

場合分け②

 

2区間がともに私鉄であるときは、パスモ定期のみ作成できます。スイカを定期として使うためには、定期区間内にJR路線が含まれている必要があるので、今回はスイカは使えません。

 

次のページでは、連絡定期の登録が3社、4社の場合を紹介します。

 

スポンサーリンク

【次のページ:3社、4社の場合は?】

関連記事もどうぞ

シェアしてもらえると大喜びします!

12件のフィードバック

  1. 質問 より:

    京成+東京メトロ+京王はPASMO1枚で作れますか?

    • king-blog-slime より:

      私鉄+メトロ+私鉄は可能です(東京メトロ公式サイトより)。
      ただし、利用する私鉄や乗換駅によってできるものとできないものがあるので、詳細は駅係員にお尋ねください

  2. じゅんこ より:

    新座(jr)→北朝霞(jr)、朝霞台(東武)→池袋(東武)、池袋(メトロ)→葛西(メトロ)の区間で定期を買う際Suicaでは定期が買えません。

    • king-blog-slime より:

      じゅんこさま、コメントありがとうございます。
      記事にある通り、原則としては可能ですが、例外的にできない場合があります。

      JR⇒(朝霞乗り換え)⇒東武⇒(乗り換え駅)⇒メトロ
      で定期を購入する場合、乗り換え駅として認められるのは、和光駅のみとなっています。

      どうしてできないのか詳しい事情は分かりませんが、大変残念ながら、JRの規則上では池袋乗換はできないようです。
      参考になれば幸いです。

      参考:連絡定期券の発売範囲(PDF版)

  3. okakun より:

    地下鉄成増(東京メトロ有楽町線)から池袋(JR)-上野(JR)で入谷駅(東京メトロ日比谷線)の場合、地下鉄の定期券売り場では、一本での発券は出来ないと言われました。両端の駅はどちらも定期券売り場は無いです。
    この場合はパスモでもスイカでも不可能なのでしょうか?
    よろしくお願いします。

  4. horiguchi より:

    戸塚→(JR)→横浜→(東急)→渋谷→(副都心)→新宿三丁目
    などのルートがどう考えてもできそうな感じですが、できません。
    横浜中華街→(みなとみらい)→ … →(西武秩父)→西武秩父 まで S-Train で直行できるルートなので東急→副都心は行けそうなのですが、なぜか横浜乗換だとできません。
    ちなみに、
    戸塚→(JR)→武蔵小杉→(東急)→渋谷→(副都心)→新宿三丁目
    は可能です。(結構屋外を歩く羽目になるのに)

    こういうのをどこかへリクエストする窓口とかないものでしょうかね??

    • king-blog-slime より:

      コメントありがとうございます。

      申請されたのがSuicaかpasmoか分かりませんが、申請していないICカードで定期申請されてはいかがでしょうか?
      逆ならできる可能性もあります。

      もしくは、現在のICカードを利用しつつ、経由駅を変更するかのどちらかですね、、、

      因みにですが、Suicaの場合は指摘された通り、横浜経由⇒×で武蔵小杉経由⇒〇でした。参考:JR線+東急電鉄線+連絡会社線※PDFです。

  5. 志水三枝子 より:

    JR+私鉄(東武)+私鉄(京成)はスイカでは1枚になりませんでした。
    どうしてもできないのでJRの駅員を呼んでやってもらいましたがダメで、最後がJRで終わるならできると言われて、仕方なく今2枚使用しています。
    逆からパスモでなら買えそうなので次回試してみるつもりです。

    • king-blog-slime より:

      コメントありがとうございます。

      具体的な駅名が分からないので、推測になりますが、、、
      牛田と京成関屋など乗換駅であっても駅名が違うと、同じ定期に載せられないことが多いですが、東武と京成は協定を結んでいるため、1つのパスモに定期を載せることができます。

      しかし、JR+東武+京成でSuicaの定期を作る際、JRにはその協定を履行する権利がなく、Suicaでの定期作成ができないのだと思います。
      参考URL:http://www.jreast.co.jp/renrakuteiki/pdf/04_15.pdf

  6. より:

    私鉄+JR+私鉄の定期券はSuicaでも作れましたよ⁇

    • king-blog-slime より:

      コメントありがとうございます。
      連絡定期券の作成には少し例外があり、これがややこしいのです。

      一部本文にも記載しましたが、私鉄の中にもSuicaが利用可能なところがあります。
      例えば、「富士急行線」「東京モノレール(モノレールSuica)」「りんかい線(りんかいSuica)」「埼玉高速鉄道」など、Suica定期に対応している路線があります。

      これらの私鉄が両端にある場合は、Suicaでの定期作成も可能なことがあります。

      貴重なご指摘ありがとうございます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です