【上海編】Googleが使えない…筆者の失敗からオススメするWi-Fiを4つ紹介!

シェアしてもらえると大喜びします!

浦東国際空港ターミナルの様子

こんにちは、キング・ブログ・スライムです。

半年ほど前に上海に2泊3日の旅行に行ってきました。

 

上海は中国の経済首都だけあって、田子坊など面白い観光地があって楽しめました。

ただポケットWi-Fiについて、大失敗したことがありました。それはレンタルしたWi-FiがVNP接続ではなかったこと。

中国ではインターネットに制限がかかっており、通常のネットでは、ラインやTwitter、Facebook、Instagram、Google検索、Gmail(SNSと検索エンジン全般)などは使用できません。

 

ということはどうなるのでしょうか?

上海(中国)旅行で一番苦痛だったのはネットが使えないこと』に詳しく書きましたが、一番焦ったのは行先のホテルが分からなかったこと。

日本ならマップかGoogleで調べればいいですが、今は中国。どちらも閲覧できません。

20分ほど格闘した挙句何とか場所が分かり、冬の上海でホームレスになる危機は回避できました。

 

今回は中国旅行で必須であるVPN接続を踏まえつつ、上海旅行で持って行くべきオススメのポケットWi-Fiを紹介しようと思います。


今回の記事をまとめると!

・中国では、ラインやフェイスブック、ツイッター、Google検索、マップなどが使えなくなります

・上の機能を使うためにはVPN接続に対応したWi-Fiをレンタルするべき ⇦重要!

・人数に関係なく+200円/日ポッキリでVPN接続ができる『イモトのWiFi』が一番オススメ!


オススメのWi-Fiは4種類あります

オススメのWi-Fiは以下の4つです

1位 イモトのWiFi

2位 Wi-Ho!(中国・上海版)

3位 海外専用グローバルWiFi

4位 中国WiFi「チャイナデータ」

【用途別にオススメするWi-Fi】

Ⓐ 2~5名で旅行>>>プレミアム回線プランが使えてお得な『イモトのWiFi

Ⓑ 出張やビジネス用途>>>予約が簡単で、見積書の作成もワンクリックでできる『イモトのWiFi

Ⓒ 日程に不安がある>>>4日前までキャンセル料無料『海外専用グローバルWiFi

Ⓓ なるべく安くWi-Fiが欲しい>>>VPNが無料の『中国WiFi「チャイナデータ」

 

下の表がそれぞれのWi-Fiのデータ通信料と1日当たりの価格を表したものです。

データ量(/日)4G(LTE)(1日当たり)3G(1日当たり)VPN接続
イモトのWiFi 500MB¥1,280
(早割¥1,020)
¥680
(早割¥540) 
+200円
(※2)
1G¥1,580
(早割¥1,260)
 ¥980
(早割¥780)
30日(500MB)¥23,000¥14,200
Wi-HO! 
300MB¥680 +300円
500MB¥980
1G(※1)¥1,180
無制限¥1,780
海外専用グローバルWiFi
250MB¥870
(早割¥636)
+400円
500MB¥1,170
(早割¥921)
1G¥1,370
(早割¥1,111)
チャイナデータ500MB¥780 +0円 

※1:1G=1000MBとして考えて下さい

※2:イモトのWi-Fiはプレミアム回線プラン(=VPN接続の進化版)です

 

上海旅行でWi-Fiを選ぶポイント

宿泊したホテル。
Wi-FiはありますがGoogleやSNSは繋がりません…

初めての海外や中国旅行で失敗はしたくないですよね。

オススメを紹介する前に、Wi-Fiを選ぶときに知っておいてほしい注意点をササっとまとめておきます。

 

★VPN接続できるWi-Fiを選ぶべき

記事の冒頭にも書いた通り、中国ではネットの規制によって、ラインやFacebook、Google検索など、日常からほぼ100%使うアプリがネットに繋がらなくなります。

ただし、中国でもVPN接続をすればラインやFacebook、Googleを使うことができます。

上海に限らず中国を旅行するときには、VPN接続ができるWi-Fiを選んでください。VPNは必須なので忘れないようにしてください!

 

★使用量の目安

データ量(/日)人数の目安
300MB1~2人
500MB2~3人
1GB3人以上

香港など海外の観光地に行ってポケットWi-Fiを使った感覚から、データ使用量は、大体上のような人数であれば十分だと思います。

ただし、使っているスマホやアプリによって多少誤差は出てきます。

また、普段から肌身離さずスマホを使い、SNSやゲームをやっているようなヘビーユーザーは多めに申し込んだ方が良いでしょう。

 


補足:データ使用量のイメージ

ごく一般的な観光客という想定で考えいます。

⇒マップやGoogle検索で観光地を調べたり、日本でいる時と同じようにネットを楽しむ。ただし他の国と違ってホテルのWi-FiはVPN接続ができない(ラインやGoogle検索はできない)ので注意してください。


 

★上海(現地)以外では使わないで!

上海で使用する契約でレンタルしたWi-Fiを、日本でローミング(=電波を使うこと)した場合、後から高額な請求が来る可能性があります。

日本から上海に行くときは間違えないと思いますが、上海から帰ってくるときにWi-Fiの電源を切り忘れる人が多いので注意してください。

上海の空港(浦東、虹橋)を飛び立つ前には、友人同士で確認してWi-Fiを切っておきましょう。

 

★海外なので消費税はかかりません!

海外での使用になるので、通信料については8%の消費税はかかりません。

当サイトでも表示している料金は全て非課税価格です。

 

1位 イモトのWiFi

データ量(/日)4G(LTE)3G
500MB1280円
(早割1020円)
680円
(早割540円)
1GB1580円
(早割1260円)
980円
(早割780円)
30日(500MB/日)23000円14200円
中国プレミアム回線プラン
(=VPN接続)
+200円/日

イモトのWiFiのポイント!】

★CMなどでもお馴染みで信頼性が高い

★日本の空港で受け渡し&返却ができるので安心(※郵送も可)

★中国プレミアム回線プラン(VPNの進化版)が使える ⇦ポイント!

★高速(4G)だけでなく、中速版(3G)もレンタル可

★出発前日まで予約できる

 

プレミアム回線プランが優秀

通常のVPNは1アカウント当たりの料金なので、数名で旅行したらその人数分必要ですが、進化版VPNである中国プレミアム回線プラン(+200円/日)なら、1台のルーターで同時に最大5台のスマホやPCと接続可能です。

要は人数が多いほどお得です!

例えば、大容量(500MB)で3日間Wi-Fiをレンタルし、3人で旅行するとしたら、1280円×3日+200円×3日+手数料540円=合計4980円になります。

通常なら300円×3日×3人=2700円必要なので、2700-600円=2100円浮いたことになります!

 

高速インターネット(4G)だけでなく、お手頃な中速インターネット(3G)も利用可。価格を抑えて旅行したい人にはピッタリですね。

「予約は出発前日まで」と書いてありますが、ターミナルによっては2日前だったりするので、早めに予約することをオススメします。

 

出張などビジネス用途にも向いている

イモトのWi-Fiの良いところは、スマホやPCの申込画面がシンプルで分かりやすく、ストレスなく申し込みができること。

また、予約前にクリック1回で見積書が取れるので、ビジネスで香港に行く人にはピッタリです。

【公式】イモトのWiFi

2位 Wi-Ho!

料金
通常プラン(300MB/日)¥680(不課税)
大容量プラン(500MB/日)¥980(不課税)
1ギガプラン(1000mb/日)¥1,180(不課税)
無制限プラン¥1,780(不課税)
VPN接続1アカウントにつき +300円/日

Wi-Ho!(中国・上海版)のポイント!】

★出発前日まで予約できる

★日本の空港で受け渡し&返却ができるので安心(※郵送も可)

★300MB、500MB、1Gの全てのプランで最安値

★無制限プランはWi-Ho!だけ ⇦ポイント!

 

Wi-Ho!ではラインやFacebook、Google検索ができるVPN接続を利用できます。追加料金は1名につき1日当たり300円となっています。

 

Wi-Fi機器の受け渡しは、日本国内の主要な空港(羽田、成田、新千歳、中部、関空、福岡)ででき、羽田に至っては24時間営業です。

ありがたいのは、前日まで予約が可能である点。ギリギリに予約しても料金は変わらずレンタルできます。

また、他にはない無制限プランがセットでついており、大人数で旅行に行く場合でも役立ちますね。

3位 グローバルWi-fi

データ量(/日)料金(/日)
250MB1570円(早割1370円)
500MB1770円(早割1570円)
1GB1970円(早割1770円)
VPN接続1アカウントにつき+400円

【グローバルWi-Fiのポイント!】

★日本の空港で受け渡し&返却ができるので安心(※郵送も可)

★出発4日前までキャンセル料不要 ⇦ポイント!

★出発当日でも予約可

 

主要空港(成田・羽田・関空)で受け渡し可能です。

音声翻訳機 ili(イリー)や360°カメラ、モバイルバッテリーなど特徴的な付属品(有料)をつけることもできます。

出発4日前までキャンセル料はかからないので、日程に不安があっても事前に予約できて安心ですね。

4位 チャイナDATA

料金
500MB780円/日
VPN接続通信料に既に含まれていて追加料金不要

【チャイナデータの特徴】

★既にVPN接続が認められている ⇦ポイント!

★データ通信量は500MBのみ

★郵送なので空港で受け取る手間がない

 

別途契約せずともVPN接続することが認められており(最大5台のスマホに接続可)、一人当たり300~400円ほどのVPN接続料を安く済ますことができます。

データ使用量のプランは500MBのみの提供となっています。

 

ポケットWi-Fiの受け渡しは郵送のみとなっていて、直前で急いで予約したり数日前から自宅にいないなどの場合は不向きです。

なお、ポケットWi-Fiの往復送料は無料です(1泊2日の場合は送料540円が必要)。

 

まとめ

オススメのWi-Fiは以下の4つです

1位 イモトのWiFi

2位 Wi-Ho!(中国・上海版)

3位 海外専用グローバルWiFi

4位 中国WiFi「チャイナデータ」

 

これまで説明したことをザックリまとめると…

・数名で旅行する
⇒プレミアム回線プランがお得な「イモトのWiFi

・たくさんパケットを使う
⇒唯一無制限プランがある「Wi-Ho!(中国・上海版)

・キャンセルするかもだけど事前予約しておきたい
⇒4日前までキャンセル料無料の「海外専用グローバルWiFi

・郵送の受け渡しが面倒であっても安いWi-Fiがいい人
⇒「中国WiFi「チャイナデータ」

 

といった感じでしょうか?

自身にあったWi-Fiを選んで、良い上海旅行を楽しんできてください!

 

_

関連記事もどうぞ

シェアしてもらえると大喜びします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です