【君の名は。の聖地】『立石公園』から絶景の諏訪湖を一望してみた

シェアしてもらえると大喜びします!

 

カタワレドキ直後①

 

こんにちは。キング・ブログ・スライムです。

一週間ほど前に、映画『君の名は。』の聖地・立石公園へ行ってきました。

上の写真を見て、「あ!あそこか!」と思われた方もいるはずです。

 

そうです、下のシーンです。

※読み込みまで少し時間がかかります。

 

 

入れ替わった三葉と瀧が出会うという感動的なこのシーン。

バックには、隕石によって壊滅した糸守湖が見えます。

糸守と東京という距離、そして隕石が落ちて3年という時空を超え、この”かたわれどき”に2人の魂が出会います。

 

瀧くんの提案で、お互いが誰なのか忘れないよう、手に名前を書き合っているところです。

現実か夢か分からない状態で、やっと会えたという喜びが伝わってきます。

 

さて、このシーンのモデル・元ネタになった風景が、「立石公園から見た諏訪湖」だと言われています。

今回は立石公園への場所や行き方、写真を使ったレポート、ポイントなどをまとめてみようと思います。


立石公園に行くときのポイント!

・かたわれどき(=日没直後)の少し前に行くと、空の5変化が楽しめるのでオススメです

・坂が続く&道が複雑で迷いやすいので、時間に余裕をもって現地に行くべき

・夜の帰り道は真っ暗なので、歩いて戻る人は注意してください

(・「U-NEXT」に登録すると、『君の名は。』を再度無料で見ることができます)※詳細は最後に書きます


スポンサーリンク

基本情報

これから行く人、すぐにでも行きたい人のために、先に基本情報をまとめておきます。

 

・場所

 

立石公園は、長野県の諏訪市にあります。

マップで見ると駅から至近距離に見えますが、坂の上だということもあって、徒歩だと40分かかります。

長野の山奥にふさわしくないGoogleレビューの数の多さと評価の高さから、ただものではない場所だと想像できますね(笑)

 

・最寄り駅、アクセス

上の地図から分かるように、最寄り駅は中央本線「上諏訪駅」です。

 

所要時間はだいたいこんな感じです。

車(タクシー):約10分(大体片道1300~1500円ほど)

徒歩:40~60分

 

なお、眺望が良いところに立地しているだけあって、駅からの高低差は160mあります。

私のように歩いていくこともできますが、道が狭いうえ、高低差があるので予想以上に大変です。

ヒールを履いている女性や足腰の弱い高齢者の方などは、さらっとタクシーで行った方が良いかもしれませんね。

 

歩いていくという方は、予想以上に疲れることも考え、少し余裕を持って行きましょう。

でも、、、苦労して歩いて登ると感動もひとしおです。

スポンサーリンク

どうせ行くなら、”かたわれどき”に

 

どうせ行くなら、かたわれどきに行って、三葉ちゃんや瀧くんに会ってみたいですよね。

映画とのマッチングや景色の素晴らしさという点からも、この時間帯が最高です。

 

ということで、かたわれどきに行ってみます。

実際に景色は素晴らしいのでしょうか?

 

下諏訪駅からスタートします。

 

下諏訪駅をスタート 17:46

立石公園への道①

 

8月26日時点での日没時刻は、「18:24」です。

ただしこれは論理上の時刻で、諏訪湖周辺のように山があると少し時間が早くなります。

諏訪湖の日没時刻から10分程度差し引いた時刻だと考えて下さい。つまり、本当の日没は18:14です。

 

日没時刻は季節によって変化します。下のサイトで月日を打ち込むと、その日の日没時刻が分かります。

⇒「立石公園(サンセットパーク立石)日没時刻―パノラマ夜景.com」

 

下諏訪駅をスタートしたのは、17:46。

つまり、日没まであと30分しかない!

 

休んでいる時間はありません。時間との厳しい戦いになることを予想しつつ、全力で山登りすることに。

※タクシーという選択肢もありますが、間に合うという謎の過信があって使いませんでした。

 

google「最適ルートはこちらです」

 

Googleさんが私に示した立石公園への道は迷宮のよう。迷わずに行く方が難しくないw?

いや、あのGoogleに間違いなんてないはずです。彼を信じてこのルートを行くことに。

 

駅を出て路地を曲がると、地図から何となく想像がついていましたが、道が狭いです。

ケモノ道じゃないかと疑うレベルでした。

 

立石公園への道②

 

文字通り”道なき道”を進んでいきます。

本当にあっているのか、そしてこんな地元民専用ルートをどや顔でお勧めするGoogleに不信感を抱きましたが、これで行くと決めた以上は変えません。

そして変更する時間の余裕すらありません。

 

立石公園への道③

 

画像のブレからどれだけ焦っていたのかお察しください。

 

ケモノ道を抜けると、途中に見晴らしのいい場所ありました。

君の名は。感出てます!出てますよ!

 

立石公園への道④

 

俄然やる気がアップ!

ただし、見晴らしが良い所に行く=急な坂を上り続けないといけないという公式が成り立つことから分かる通り、坂道を急ぎっぱなしは息が切れます。

 

そして、坂は手を緩めるどころか、登れば上るほど急になってきます。

 

立石公園への道⑤

 

またブレてますが、急いでいるという点をお察しください。

体力的に限界で気持ちが折れそうになったころ、道路の案内板が勇気づけてくれました。

 

看板「立石公園あっちやで!⇒」立石公園への道⑥

 

看板の「立石公園あっちやで」を目にしてからは気持ちが高ぶり、時々小走りで坂を上り続けます。

少しずつそれらしい景色になってきました。

 

もう沈みそう、、、立石公園への道⑦

 

沈む、、、ヤバい、、、

頑張るんだ、、、

 

それでもあきらめずに小走りを続けました、、、

 

やった、、、

やっとついた、、

 

目的地の立石公園!デデーン!!立石公園への道⑧

 

到着したのは18:13。所要時間は27分ということになります。

私の場合はかなり急いだので、普通にのんびり行くと40~50分ほどかかると思います。

 

映画公開からちょうど1年。

全力で坂を上り続けてかたわれどきに間に合った私。

何だか運命めいたものを感じ、「みつは~!」と叫びそうになりましたが、周りに人がいる上、もう大学4年生&高校2年の青春は終わったということを悟り、心の中だけで叫ぶことにしました。

※叫んでないということです(笑)

 

何だかちょっと切なくなったのはここだけの話。

さて、どうでもいい話はおいといて、ここからは頂上からの風景を紹介していきます。

スポンサーリンク

七変化が楽しめる

 

立石公園①

 

景色が素晴らしかったのは言うまでもありません。

「君の名は。」に関係なく優れた絶景スポットです。

〇幌の時計台のようながっかりスポットと違い、ここは行っても後悔しないはず。

 

ですが、さらに面白いのはカタワレドキから夜景に移り変わっていく七変化が楽しめるということ。

日没直前から夜景になるまで、時間変化とともにいろんな情景を楽しむことができます。

 

①日没直前

②カタワレドキ前半

③カタワレドキ後半

④宵

⑤夜景

 

正確には五変化ですね。

なお、かたわれどき(=黄昏時)の定義は、日没直後の空に赤さが残っている時間帯のことで、日が沈む直前ではないので注意ください。

スポンサーリンク

①日没直前

坂を全力で駆け上がって何とか間に合って撮影した写真です。

まだ太陽がギリギリ見えます。

 

日の入り直前②

日の入り直前①

日の入り直前③

日の入り直前④

 

高台にあるだけあって、眺めが本当に素晴らしいです。

 

息を切らして来た甲斐がありました。

男子一人だけど(泣)

 

②カタワレドキ前半

”かたわれどき”(=たそがれどき)が始まるのは、太陽が山際の下に沈んだ直後から。

映画から分かる通り、ほんの短い時間です。

 

2人のカップルが良いスパイスになっています。

 

IMG_20170826_182438-979x1305

IMG_20170826_182442-979x1305

IMG_20170826_181958-1305x979

IMG_20170826_182539-1305x979

IMG_20170826_182526-1305x979

カタワレドキ直後①

 

日が沈んだ直後、空が赤く色づき始めた頃です。

昼でも夜でもない、この世の境界がまどろんで、人ならざるものと出会う時間帯。

 

③カタワレドキ後半

空の色づきがさらに深まってきます。

もう少しでお別れです。

 

カタワレドキ直後②

カタワレドキ直後④

カタワレドキ直後⑤

※画像の修正はしていません。

燃えるような赤と空の蒼さがコラボした鮮やかさが、ディスプレイの上からでも伝わるでしょうか?

 

空気が澄んでいるからなのか、標高が高いからなのか、ほんとに綺麗でした。

新海誠監督も、この空を見ながら映画を作ったのかもしれませんね。

 

④宵

かたわれどきが終わってしまいました。

太陽の光が弱まってきて、闇が世界を覆い始めます。

ばいばい、三葉、瀧くん。

 

宵①

宵②

宵③
宵⑤

 

⑤夜景

ここからは『君の名は。』に関係なくナイトショーになります。

しんみりした気持ちを切り替えて、単純に夜景と星空を楽しんでみましょう。

 

夜景①

 

(下の写真)あえてぼかしてみました。

 

夜景②

夜景③

IMG_20170826_190944-1305x979

 

スマホのカメラだったので、ちょっとノイズが入ってますね汗

 

あと、私が行った日は雲が多くて見れませんでしたが、晴れた日は星がきれいに見えます。

標高が高いうえに、空気が澄んでいて光も少ないので、かなり期待できますよ。

スポンサーリンク

実は帰りが大変

実はノーマークなのが帰り道です。

ただでさえ道が複雑なうえに、公園近くの道は全くと言っていいほど街灯がないところがあり、冗談抜きで前が見えません。

真っ暗にな道を見たときは、本当に焦りました(笑)

 

特に女性は夜道は危険なので、帰りだけはタクシーを呼ぶか、少なくとも集団で帰るようにした方が良いでしょう。

実際、真っ暗な帰り道を下っているとき、頂上の方まで爆走していくタクシーを何台も発見しました(笑)

 

現地のタクシー会社の電話番号が載っているサイトを貼っておきます。

道端で拾うのとは違い、電話・ネットで呼ぶ場合は迎車料金(200円ほど)が必要なので注意してください。

参考サイト⇒【長野県版タクシーサイト―TAXI SITE】

まとめ

 

立石公園からの景色は本当に絶景でした。『君の名は。』に関係なく行く価値ありです!

東京から少し離れていてアクセスはよくないですが、駅から歩ける距離にあるのが救いです。

 

東京、大阪、名古屋のどこから行っても1日仕事になりますが、見る価値はあります。

もし時間があれば、土日祝の時間があるときに行ってみて下さい。

もう一回見たくなる!(笑)

『君の名は』のポスターや聖地を見ると、「君の名は。もう一回見たい!」と思ってしまいません?

 

男子憧れの奥寺先輩
(作品では詳しく説明されてませんが、女子大生です)奥寺キミ

お姉ちゃんがとうとうおかしくなった、、、お姉ちゃん、、、

東京の街が美しくて感動します君の名は

【引用元:新海誠監督 映画『君の名は。』 (コミックス・ウェーブ・フィルム 2016)】

 

私はみつは(中身は瀧)が泣きながら揉んでいて、それを見た妹が「お姉ちゃんが頭おかしくなった」とドン引きするシーンが好きです!(笑)

確かに、傍から見たら狂ってますね(笑)

もちろん、それには理由があるのですが……

 

私のおすすめは、映画だけでなく小説版を見てみることです。

小説と聞くと映画版の焼き回しのようですが、ちょっとした描写が違ったり、繊細な心情描写が詳しく描かれたりしていて、一味違ったストーリーが楽しめます。

一例を挙げると、口噛み酒を飲んで三葉になった瀧がテッシーとさやちんに隕石の話を信じてもらおうと説得しているシーン。

映画版では説明されていませんが、実は小説では、もう少しやり取りがあって三葉がありったけの持ち金をサヤちんに渡して奢る描写があるんです。

あと、映画では詳しく説明されてないところもたくさんありますが(例えば、奥寺先輩が大学生であることなど)、小説ではその辺りも補強されています!

 

 ↑こっちは楽天ブックスです。

 

ですが、小説よりも実際の映画をもう一回見たい人も多いはず。

 

~見たい欲が半端ない~

君の名は。見たくなってきた!
でも映画館はやってないよ
……。

 

もう一回見るとしたら理想は映画館ですが、上映している所は多分ありません。

しかし、今はネットの時代です。見たいと思ったら、すぐにストリーミングで高画質版を見ることができます。

 

最近、ネットニュースで話題になっているのが、「U-NEXT」という配信サービス。

なぜかというと、無料トライアル期間中であっても、「君の名は。」を追加料金なしで見ることができるから。

レンタルでも新作3日で300円近くする上、大人気で借りれないほどなので、無料トライアルで見れるのは意味不明です(笑)

 

あと、『言の葉の庭』『秒速5センチメートル』など、君の名は以外の新海誠監督の映画を見ることができます。

もちろ、、『君の名は。』以外の映画、ドラマ、アニメなどの動画が最新作から名作まで見ることができます。

PC、スマートフォン、タブレット、テレビなどいろんな端末に対応しています。

 

無料トライアル期間は31日間です。

登録して「う~ん」の場合、31日以内ならいつ解約しても料金は取られませんし、評判通り良いサービスなら続けることもできます。

無料トライアル期間終了後は、自動的に月1990円のプランになるので、ここだけは注意ください!

 

登録は1分で出来るので、忘れないうちに申し込んでみてはどうでしょうか?

登録サイト⇒『日本最大級のビデオオンデマンド<U-NEXT>今なら無料トライアル実施中!

 

※私はU-NEXTの存在を知らず、普通に400円でレンタルしてしまいました。

あほでした!泣

ではでは、、、

_

関連記事もどうぞ

シェアしてもらえると大喜びします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です