【就活】現役の頃お世話になったオススメ就活サイトをコッソリ紹介します

シェアしてもらえると大喜びします!

 

筆者の母校から見た東京の夜景(特に意味はない)

こんにちは、キング・ブログ・スライムです。

私は2018年卒の元就活生で、皆さんの1~2学年上の先輩です。

私の就活生としての経歴を知りたい人は、以前書いた記事(【就活体験記ブログ】私文の私が失敗したことを書き連ねてみた)を読んでください。

 

さて、就活が終わった6~7月ごろは大学の広場や食堂、研究室など、大学の至る所で下のような立ち話が聞こえてくるはずです。

大学生A
何でぶっ飛んで優秀なアイツがまだ内定取れないんだろう。かわいそう
大学生B
ポンコツコミュ障で有名だった彼がメガバンに内定した。マジで意外~
大学生C
俺は何とも言えない中小の専門商社に決まったわ(頑張って明るく振舞う)

※全部実話です

シューカツなるものを経験して強く感じたのは、就職活動の結果はその人の能力だけで決まるわけではないこと。

就活では実力は当然のこと、入念な事前の準備やその場の運がかなりモノを言うのです。その運は、事前に準備をして沢山手数を打ったからこそ舞い込んでくるものでもあります。

 

私の大学の同期には、コミュニケーションがあまり上手ではなかったけどメガバン(みどりです)に内定をもらった人がいます。

かなりの番狂わせだったので、私と友達との間で少し話題になりました。

 

後日聞いた話でしたが、ポンコツコミュ障の彼は私が就活を始める半年以上前から就活サイトに登録して情報を集め、実際にインターンに行き、自分の将来像と向かい合い続けてきたよう。

彼の継続した情報収集と行動力が他の人との差になって表れただけなのです。

質の高い情報をもれなく集めておくと、就活で自分なりの成功にかなり近づきます。

 

例えばSPI。

筆者は一度も受けることなく、ネットの「SPIの英語はめちゃ簡単やで!」という意見を鵜呑みにして馬鹿にしつつ受験したら、えらい目に遭いました(笑)

選択肢の問題がやたら難しく(難関私大に出てくる性格悪い問題みたいな感じ)、全体の半分を過ぎる前から長文問題に突入しました。

>>>『【就活】SPI英語の難易度が、予想以上に難しかった件

 

適当なことをベラベラと書いたライターのところに直接行って文句をぶちまけたくなりましたが、責任があるのは自分自身。私が悪いんです。

実は、SPIはその人の能力に応じて問題が変化するため(※筆者はTOEIC800以上あります)、私には長文が出されただけのことなのです。

SPI英語でのアホな失敗は、事前に情報収集していれば確実に防げたことです。

「SPI(英語に限らず非言語・言語も同様です)はその人の学力に応じた問題が出る」と知っていれば、試験室で爆殺されることはありませんでした。

 

その意味では就活は情報戦。

去年、皆さんの1つ上の18卒として就活戦線で玉砕したり成功したりしてきましたが、情報を制すもの、就活を制すという格言も正しいなあと痛感しました。

SPIのシステム、第一志望の企業の選考スケジュール、ESの書き方など、情報を押さえておくことが勝利への第一歩です。

 

さて、ということで今回は、普通の就活サイトではあまり見つけられない変わった就活サービス・就活情報サイトを紹介しようと思います。

「他の人が知らないサービスを知っている=有意な情報を持っている」であり、情報戦を優位に進めることができます。

数分で簡単に記入して登録できるうえ、登録料無料のサイトばかりを集めました!

気に入ったものがあったらサクッと登録してみて下さいね~

 

就活ノート


今はネットの時代ですので、面白い就活サイトをうまく見つけるのが成功のコツでもあります。

私が1年前に毎日のように見ていた、『就活ノート』が尖っていてオモロイかったので紹介します!

 

無料会員登録すると、全て無料で読むことができます。一例として下の内容があります。

  • 先輩が実施に書いて通過した1000社以上のESを覗き見
  • 志望企業についての選考情報(過去にどんな質問があったかなど)
  • 就活における合コンの重要性を熱く語った女子大生が書いた、謎めいた体験記

みん就に乗っていない情報もしれっと載っていたりします(笑)

ネットで合説


インターネットで合説ができるサイト。

就活は時間との戦いで、特にこれからの時期(4~6月)は説明会や面接、ESの記入、SPIの勉強、試験を受ける……などやることが目白押し。

まじめに就活をしようと思えば思うほど本当に忙しくて、時間が無くなります。

 

そんなときにオススメなのがネットの動画で合説に参加すること。

ネットであれば電車の中や夜ご飯を食べながらなど、空いている時間にシューカツができます!

登録企業はベンチャー企業が多いですが、サイバーエージェントなど有名企業も一部参加しています。

これから登録企業が増えるみたいですので、早めに登録して情報をキャッチしてください!

キミスカ



キミスカという名前から分かる通り、就活生側がプロフィールを登録したら、企業から逆スカウトを頂く就活サイトです。

 

就活期間中は忙しくて自分から行動できる範囲が限られてしまいます。

逆スカウトを貰える就活サービスの良いところは、受け身であっても予想外のいい出会いがあること(変な意味ではなく)。

自分の進みたい業界ばかり見ていると逆に視野が狭くなってしまうことってありがちじゃないですか?そんな”偏り”を矯正する意味でも登録しておくといいですよ!

ニクリーチ

焼肉をおごってもらいながら、気楽に企業の方から話を聞けるという一風も二風も変わったサービス。

お肉代やランチ代はもちろん企業のおごりです(笑)

実際に行ってみた体験記もあるので、焼肉シェアリングに興味のある人は『ニクリーチの体験記』をご覧ください。

 

ニクリーチという肉食系のサービス名ですが、実態は真逆。

こちらが志望やガクチカなどを登録した後、企業の方から声をかけていただく(スカウト)という受け身の草食系サービスなのです。

焼肉を食べてみたい方、面白そうだからやってみたいという方、とりあえず登録してみるといいですよ!

ミーツカンパニー

五反田会場(矢印のビルが会場です)

(3~4時間)という少し長めのイベントですが、1回で8社ほどの企業の話を聞くことができます。

で、説明に来ている人の中には役員の人もいて、その場で話が合えば一気に面接から内定まで進むことができます。

 筆者が実際に行ってみた就活イベントで、会場の雰囲気などを知りたい人は『ミーツカンパニーに行ってみた』をご覧ください。

 

実際にイベントに参加しましたが、楽しそうに人事の方と名刺交換している男の就活生がいて、こちらまで嬉しくなりました(誰やねん)。

いろんな企業の方と直接話せるので、いい面接の練習にもなりました。

1年中やっているので19卒の人はもちろんのこと、20卒の人も行ってみるといい出会いがあるかもしれません。

 

記事は以上です!

関連記事もどうぞ

シェアしてもらえると大喜びします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です