京王線の電車は種類が多すぎるので、解説してみた!

シェアしてもらえると大喜びします!

京王線特急橋本行き

新宿駅発の特急橋本行き

こんにちは。キング・ブログ・スライムです。

 

今回は、京王線の車種(種別)について見ていこうと思います。

まずは京王線の路線図をご覧ください。

 

京王線の路線図
京王線路線図最新版

 

優等列車から順に並べてみると、、、

「特急」

「準特急」

「急行」

「区間急行」

「快速」

「各停」

の合計6種類あります。

 

多いわ!!

 

私は3年前に京浜東北線沿線から引っ越してきましたが、当初は、「京王線、車種多すぎて訳分からん」状態でした。

因みに京浜東北線は、利用者が少ない昼の時間帯に「快速」が出ていますが、それ以外はすべて各駅停車ですので、2種類だけです。

JRなどの他の路線では、種別は1,2種類ほどが普通だと思います。

 

下では早速、京王線初心者がぶつかるであろう、車種についての疑問を挙げていこうと思います。

スポンサーリンク

① 快速と急行のどっちが早いのか問題

 

私はここで疑問に思うことはありませんでしたが、一部の人には「訳分からん」そうです。

 

急行本八幡行き京王線急行

 

結論から言うと京王線では、「急行>快速」、つまり急行の方が早いです。

なお京王線の場合は、どちらも乗車券のみで乗ることができます。

 

さて、JRを中心とする鉄道業界で一般的に言われることですが、、、

 

急行 : 急行券を別に買って乗る優等列車

快速 : 無料で乗れる列車のなかの速達列車

 

ということで、急行は急行券という形で料金を上乗せしなければいけず、その定義から言えば、急行の方が早くて当然です。

京王線もこの優劣関係を引き継いでいて、「急行>快速」となっています。

多くの鉄道会社では、快速よりも急行の方が優等列車に設定されています。

 

しかし、一部の鉄道会社では例外もあります。

例えば東武線では、全国の私鉄の中でも例外的に、「急行」よりも「快速」の方が停車駅が少なくなっています。

また、京王と競合する小田急でも、「快速急行」が「急行」よりも停車駅が少なく、「快速」という文字が入っていても、「急行」より早いわけではありません。

 

② 準特急という謎の存在

準特急新宿行き京王線準特急

 

京王線史上、最も意味不明だと言っていい存在です。

 

現在、日本の鉄道会社の中で「準特急」という車種を運用しているのは、京王線だけです(笑)。

英語表記が「S.S.Exp.」(=Semi Special Express)と地味にカッコよく、この表記が好きだという人もいました。

 

さて、「特急」はどんな車種なのか、すぐに分かりますよね。

最優等列車です。一番早いヤツ。

 

でも、「準特急」ってなんぞや?

「急行」より速いの?

「準急」とはどう違うの?

という意見をよく聞きます。

 

分かりやすく考えると、準特急は「準・特別急行」の略で、つまり”ちょっと遅い特急”と考えて下さい。

あれこれ言うけど、なんだかんだ「特急」です。

 

準・特別急行って何だかよく分からん

 

「急行」とどっちが早いのと問われれば、「準特急」はあくまで特急ですので、「準特急」の方が早いと考えることができます。

 

そして「準急」は「準急行」の略であり、「特急>急行」です。

よって、「準特急」と「準急」比べれば、「準特急」の方が早いと分かりますね。

※因みに京王線では「準急」という種別は走っていませんが、後ほど紹介する「区間急行」が準急の役割を担っていると言えます。

 

このなんとも不可思議な「準特急」という車種ですが、新宿―高尾間の急行を速達化するために、2001年に設定されたものです。

(参考:3月27日(火) 京王線・井の頭線 ダイヤ改正―京王電鉄ニュースリリース 2001年2月22日)

 

当初の「準特急」は、特急の停車駅に分倍河原と北野を追加したものだったのですが、これが予想以上に好評で、その後のダイヤ改正では、特急も分倍河原と北野に停車することになってしまいました。

 

そして、2015年の9月に行われたダイヤ改正では、準特急の停車駅に「千歳烏山」と「笹塚」が追加されるようになりました。

千歳烏山と笹塚ユーザーは大歓迎ですが、京王八王子など遠方に住むユーザーは「また停車駅が増えたか」と嘆き気味です。

スポンサーリンク

③ 区間急行って何だ?

 

「区間急行」も意味が分かりませんね。略して「区急」と呼ばれることもあります。

区間急行がどんなものか知りたい時は、英語表記してみるととても分かりやすいです。

 

日本語から推測すると「Section Express」というところでしょうが、京王線の英語のセンスが地味にいいのか「Semi Express」と表記されています。

「Semi」は「準ずる」の意味ですから、「区間急行」は「準急」的な立ち位置にいることになります。

 

つまり、”ちょっと遅い急行”であり、急行の下位バージョンであると考えて差し支えありません。

(ちょっとどころでなく、結構遅いですケドね)

 

区間急行=「Semi Express」(日本語では準急)のセンスが抜群!

 

④ じゃあ、快速は何だ????

 

「快速」の立ち位置は一応、優等列車として扱われているはずですが、八幡山などで特急の待ち合わせをするときもありますので、一概に優等列車ということもできません。

 

私の中のイメージですが、以前は快速は各駅停車に近いものだという位置づけでした。

ですが、2015年9月のダイヤ改正で区間急行が仙川に停まるようになってから、区間急行と快速の停車駅が似たり寄ったりになって、区間急行≒快速のイメージに変わりつつあります。

あくまで私個人のイメージですが。

 

路線図(再掲)
1200px-Keio_Line_Map_2013.svg

【photo byWikipedia

区間急行がもともと「通勤快速」という名前だったので、快速は区間急行に近いものだと考えてもいいのかもしれませんね。

 

最後に

 

車種が多いのを見ると、「分かりづらいから車種を減らせ」という気分になる人もいますが、その気分も始めのうちであることが多いです。

車種が多いのは、乗客の多様なニーズに京王線が応えようとした結果であり、利便性も向上しているので、むしろ好意的にとらえるべきものだと思います。

 

ありがとうございます

 

京王線を初めて使う方は、乗り間違いのないよう気をつけてください。

 

【関連】京王線好きのあなたには!

ではでは、、、

 

スポンサーリンク

_

関連記事もどうぞ

シェアしてもらえると大喜びします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です