【マカオ編】香港も使える方が安い謎。シッカリつながるおすすめWi-Fiを4つ紹介!

シェアしてもらえると大喜びします!

 

マカオの象徴である「蓮(はす)の花」
※チューリップではありません

こんにちは、キング・ブログ・スライムです。

少し前に香港で使えるおすすめWi-fiをまとめた記事を書きました。

 

今回のマカオ(澳門)は香港旅行の3泊4日の1日を使って、日帰りでいったもの。

Wi-Fiは香港専用だったのでフリーWi-Fiでしのごうと思いましたが、速度が遅いしプチプチ途切れて使い物にならず、結局、スマホはカメラしか使えませんでした(笑)

やっぱりマカオでもフリーWi-Fiだけで生活はできず、ポケットWi-Fiは必要という結論に至りました。

マカオで使えるオススメなワイファイを紹介していこうと思います。

 

マカオでオススメのWi-Fiは4種類

【オススメのWi-Fiは以下の4つ】

1位 海外専用グローバルWiFi

2位 Wi-Ho!(マカオ・アジア周遊版)

3位 イモトのWiFi

4位 kkday

【用途別にオススメするWi-Fi】

Ⓐ 価格が安くてしっかり繋がるWi-Fiがいい>>>限定割引が適用される『海外専用グローバルWiFi

Ⓑ 出張やビジネス用途>>>予約が簡単で、見積書の作成もワンクリックでできる『イモトのWiFi

Ⓒ 深センなど他地域にも行きたい>>>アジア周遊Wi-Fiが使える『Wi-Ho!(マカオ・アジア周遊版)

Ⓓ 今すぐ急ぎでWi-Fiをレンタルする>>>当日予約ができる『海外専用グローバルWiFi

 

それぞれのWi-Fiのデータ量・料金表

データ量(/日)4G(LTE)(1日当たり)他地域の可否
海外専用グローバルWiFi250MB¥1,170(早割¥970)香港:◯
500MB¥1,370(早割¥1,170)
1G(※1)¥1,570(早割¥1,370)
Wi-Ho!300MB¥980香港、深セン:◯ 
500MB¥1,280
1G¥1,580
イモトのWiFi500MB¥1,260(早割¥1,005)香港:◯
1G¥1,880(早割¥1,500)
kkday無制限¥640~660 香港:◯

※1:1G=1000MBとして考えて下さい

 

マカオ旅行でWi-Fiを選ぶポイント

旧市街地域にある『聖アントニオ教会

初めての海外やマカオの旅行で失敗はしたくないですよね。

当ブログがオススメするWi-Fiを紹介する前に、軽くWi-Fiを選ぶときに知っておいてほしい注意点をまとめておきます。

 

★使用量の目安

データ量(/日)人数の目安
300MB1~2人
500MB2~3人
1GB3~4人以上

ただし、使っているスマホやアプリによって多少誤差は出てきます。香港・マカオなど海外の観光地に行ってポケットWi-Fiを使った感覚から言えば、データ使用量は上のような人数を目安にすると問題ないかと思います。

ただヘビーユーザーだと自覚している人は一つデータ量に余裕があるWi-Fiをレンタルした方がいいでしょう。

 


補足:データ使用量のイメージ

ごく一般的な観光客という想定で考えます。

⇒マップやGoogle検索で観光地を調べたり、日本でいる時と同じようにネットを楽しみ、ホテルではホテルのWi-fiを使うのでポケットWi-Fiは使いません。


 

★香港とセットで使えるWi-fiを選ぶべし

マカオ単体で使えるWi-Fiは少ない上に、香港とセットで予約した方がそもそも安いor値段が同じポケットWi-Fiもあります。

特に理由がない限り、マカオにだけ滞在する予定であっても、香港とマカオどちらも使えるWi-fiをレンタルした方がお得です。

 

★マカオ(現地)以外では使わないで!

マカオで使用する契約でレンタルしたWi-Fiを、日本でローミング(=電波を使うこと)した場合、後から高額な請求が来る可能性があります。

日本からマカオに行くときは間違えないと思いますが、マカオから帰ってくるときにWi-Fiの電源を切り忘れる人が多いので注意してください。

 

1位 グローバルWi-Fi

データ量(/日)4G(LTE)(1日当たり)
250MB¥1,170(早割¥970)
500MB¥1,370(早割¥1,170)
1G¥1,570(早割¥1,370)

【グローバルWi-Fiのポイント!】

★出発4日前までキャンセル料不要

★出発当日でも予約可

★マカオ&香港で使える

★当サイトから予約すると限定割引あり

大幅な割引があってお得

データ通信料は最安値ではありませんが、当サイトから申込すると、①早割(1日あたり200円割引)、②Wi-Fiの通信料5%オフ、③受け渡し手数料¥500が無料となり、この3点を踏まえると一番割安になります。

また、当日でも早い時間帯であれば予約できるので、急いでいる人にはピッタリですね。

 

利便性高し(当日予約可、対応する国内空港が多いなど)

予約する時間帯と受け渡しを希望する空港によりますが、何と出発当日でもWi-Fiの予約が可能です。

 

受け渡しと返却は、多数の国内空港(成田・羽田・関空・中部・旭川・新千歳・仙台・静岡・新潟・小松・伊丹・福岡・宮崎・鹿児島(返却ボックス)・那覇)で可能です。

出発4日前までキャンセル料はかからないので、日程に不安があっても事前に予約できて安心ですね。

 

2位 イモトのWi-Fi

データ量(/日)4G(LTE)
500MB¥1,130(早割¥1,005)
1GB¥1,880(早割¥1,500)

【イモトのWi-Fiのポイント!】

★CMなどでもお馴染みで信頼性が高い

★出発前日まで予約できる

★長期間滞在者向けの1か月(30日)プランがある

香港マカオ二カ国対応の料金プランがお得

CMなどでもお馴染みのイモトのWi-Fiです。初めてマカオや中国に行くなら、途切れることなくしっかり繋がるWi-Fiがいいですよね。

料金で面白いのは、300MBの場合、マカオ1国(1,580円/日)よりもマカオ香港2カ国(1,130円/日)使えるWi-fiのほうが安いという逆転現象が起きていること!(笑)

1GB/日の場合は、マカオ一国とマカオ香港二国の料金は同じです。

よほどの理由がない限り、マカオ・香港どちらも使えるWi-fiをレンタルすることがおススメです!

 

予約が簡単で見積書はワンクリックで作成可

国内の主要空港(成田・羽田・関空・中部・福岡・新千歳)であれば空港で受け渡しができます。

イモトのWi-Fiの良いところは、スマホやPCの申込画面がシンプルで分かりやすく、ストレスなく申し込みができること。

また、予約前にクリック1回で見積書が取れるので、ビジネスで香港に行く人には最適です。

【公式】イモトのWiFi

 

3位 Wi-Ho!(ワイホー)

データ量(/日)料金(/日)
300MB¥980
500MB¥1,280
1000MB¥1,580

【Wi-Hoのポイント!】

★どこにいても繋がる信頼性

★出発前日まで予約できる

★日本の空港で受け渡し&返却ができるので安心(※郵送も可)

★マカオだけでなく、香港や深センでも使える

実際に3泊4日で利用したが、問題なく繋がりました

私が香港とマカオに周遊するときに使ったのがこのWi-Ho!です。

尖沙咀やヴィクトリアピークなど有名観光地はひと通り行きましたが、どこでも途切れることなくしっかり繋がりました。

Wi-Fiとして最も大切な繋がりやすさや安定性の点では問題ないでしょう。

 

アジア周遊がお得

マカオで使う場合は、アジア周遊版でレンタルした方がお得です。

アジア周遊なのでマカオだけでなく、香港や深セン(中国のシリコンバレーとして今ホットな地域です)でもシッカリ繋がり、かなりお得です。

主要空港(成田・羽田・新千歳・中部・関西・福岡空港)では直接カウンターで受け取ることができ、出発前日まで予約できます。

上に述べた空港以外から出国する場合は宅配になります。

 

また、帰りも主要空港(成田・羽田・新千歳・中部・関西・福岡空港)のカウンターでご返却できて郵送の手間なく楽ちんです。

 

④ kkday

データ量(/日)料金(/日)
無制限640~660円/日

レートによって変動。2018年11月下旬時点

【KkdayのWi-Fiの特徴】

★現地受け渡しなので言葉や土地勘に不安がある人は不向き

★とにかく安い

★当日予約も可能

★受取と返却は香港国際空港

★マカオだけでなく香港でも使える

前回の旅行では使いませんでしたが、爆安のワイファイがあるので紹介してみます。

Kkdayという海外の会社が販売しているWi-Fiです。価格がこれだけ安いのはWi-Fiの受け取りが現地(香港国際空港)のみであるからです。

中国語での受け渡しに不安がある人や、繋がりやすさの点で信頼性の高いWi-Fiがいい人は、上にあげた3種類のWi-Fiから選ぶのが無難です。

 

なお香港だけのWi-Fiもあり、その場合は半額近くになります。

詳しくは下のサイトを見て下さい。

【公式】 【香港空港受取】ポケットWiFiレンタル(香港4G)

 

_

関連記事もどうぞ

シェアしてもらえると大喜びします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です