【新幹線でスキー&スノボ】ケースごとのオススメスキー場を紹介します

シェアしてもらえると大喜びします!

神立高原スキー場のゲレンデから撮影。ゲレンデを見るとワクワクしてきません?

こんにちは、キング・ブログ・スライムです。

 

新幹線のスキーツアーを探していて、どのスキー場がいいのか分からなくなることってありませんか?

新潟周辺だけでもガーラ湯沢舞子スノーリゾート神立高原スキー場湯沢パークスキー場、、、、と数多くあります。

 

できるだけ安いスキーツアーがいいなあ
友人や知人とわいわい楽しめるスキー場が理想!
少し高くてもいいからコースが充実していてほしい
駅からのバス移動が面倒だから、アクセスのいいスキー場希望です

などなど人によって要望は違うと思います。

今回はケース別にオススメのスキー場を紹介していきます。

 

新幹線で行きやすいスキー場の一覧

新幹線でスキー・スノボに行ってみません?

さて、実際に行ってみてオススメだと感じたスキー場を紹介しようと思います。

価格帯は、平日日帰りの場合、6700円~8200円です。

泊まり(一泊二日)になると、およそ日帰り料金の1万円増しだと考えてください。

 

私が行ったスキー場の中で体験談があるのは以下の6つ。この中からケースごとにオススメスキー場を紹介します。

 

★越後湯沢周辺

平日日帰り土日日帰り宿泊プランの有無(〇は専用ホテル付)オススメ度
(独断&偏見)
湯沢パークスキー場7600円~10300~10800円
神立高原スキー場8100円~9700~10600円2位
GALA湯沢8100円~11200~12900円4位
舞子スノーリゾート8200円~10500~11800円1位

※横スクロールできます

★那須塩原周辺

平日日帰り土日日帰り宿泊プランの有無オススメ度
(独断&偏見)
マウントジーンズ那須6700円10700~11300円×
ハンターマウンテン塩原8000円10700~11800円×3位

※横スクロールできます

実際に料金やホテルのグレード、コースの充実具合などを調べてみたい場合、下から見てみて下さい。

スキー・スノボのツアーを調べる
>>>新幹線で行く!スキー&スノーボードツアー

 

① とにかく滑りたい・充実したコースが良い・外したくない

舞子スノーリゾートナイター①

まだまだこれから!舞子スノーリゾートのナイター

最適なのは、、、『舞子スノーリゾート』 平日日帰り 8100円

 

私が体験した中では、オールマイティーに近い満足度のイチオシスキー場です。

近隣のスキー場と比べて営業時間が長く、平日は8:30~20:00まで、土日は8:00~20:00まで営業しています。

他のスキー場は遅くても17時には営業を終了してしまうので、20時まで営業しているのはうれしい点です。

 

その上、元々の料金である8200円で、昼だけでなくナイターも滑ることができるのがGOOD。

1つのスキー場をベタ褒めするのは好きではないですが、周囲のスキー場と比較した場合、圧倒的コスパです。

 

161017ゲレンデマップUo

(引用元サイト:ゲレンデ―舞子スノーリゾート)

コースも非常に充実しています。

同価格帯のスキー場のなかでは、最もコースが充実しているスキー場の一つです。下にゲレンデマップを掲載しておきます。

充実度が凄いですよ!

 

そしてナイターをやっているスキー場を選ぶ際に重要なのが、送迎バスの有無です。

舞子スノーリゾートでは、ナイターが20:00に終了した後、20:30に越後湯沢行きのバスを出してくれています。ここ重要です。

ナイター営業をしている周辺のスキー場に、「岩原スキー場」や「石打丸山スキー場」がありますが、どちらもナイター後のバスはありません。

(参考サイト:シャトルバス時刻表―舞子スノーリゾート)

 

マイナスポイントは、高いコストパフォーマンスゆえに少し混雑している点でしょうか。

「舞子スノーリゾート」のポイントをまとめると…

・ナイターがある+帰りの送迎バスも用意されている(土日平日ともに)

・コースが充実している

・ナイター料金が不要など、あらゆる面で高コスパ

③ とにかく滑りたい人(金曜日・土曜日のみ)

戸沢ペアリフトから

ナイターが始まったばかりの神立高原スキー場

最適なのは、、、『神立高原スキー場』 平日日帰り 8100円

 

本体料金である8100円に含まれているのは、日中のリフト券(8:00~16:30)だけです。

そのため、ナイターを滑りたい場合は、18:00~24:00までのリフト券2000円を追加購入する必要がありますが、終電まで滑ることができます(笑)。

神立高原スキー場のナイター営業があるのは、金曜日と土曜日の夜で、日曜日と平日の夜はありません。

 

東京駅の終電は、土日平日ともに22:24越後湯沢発の新幹線なので(2017年2月現在)、22:00スキー場発の無料送迎バスに乗れば、ギリギリ間に合います。

つまり、22:00にバスがスキー場を発車するまで滑れるということです!(笑)

 

ナイターのコースの充実度合いで見れば、先ほど挙げた「舞子スノーリゾート」よりも神立高原スキー場の方が優れていると思います。

神立高原スキー場の方が、コース距離が長く、リフトが少し早く回転が良いです。

「神立高原スキー場」ポイントは…

・(金曜と土曜は)朝から終電まで滑れる

・ナイターのコースが長く、リフトの速度が速いなど回転が良い

④友達と楽しく滑りたい・駅チカが良い

改札を出たところ

ガーラ湯沢駅を出ると0分でスキー場(笑)

最適なのは、、、『GALA湯沢』 平日日帰り 8100円

 

友人と楽しくスキー・スノボに行きたい場合、ガーラ湯沢が最適だと思います。

ガーラ湯沢は平日でも比較的人が多くにぎやかなので、友達と行くと楽しいと思います。

フードコートや売店などの設備も充実している点は良いところ。

 

また、スキー場がガーラ湯沢駅に直結しているので、送迎バスで移動する必要もありません。

駅を降りるとすぐにスキーセンターですので、移動が面倒な人にはおすすめです。

「GALA湯沢」のポイントは…

・駅直結なので、送迎バスに乗る必要がない

・にぎやかなので友達やカップルなどで行くと楽しい

・標高が高く気温が低いため、初すべりや春スキーにはピッタリ!

⑤ 初すべりや春スキーに行く

ガーラ湯沢ゴンドラから②

山の上にあるスキー場までゴンドラで10分ほど登ります

最適なのは、、、『GALA湯沢』 平日日帰り 8100円

 

春スキーに行くなら、断然、ガーラ湯沢だと思います。

ガーラ湯沢は、他のスキー場と違って山の上にあるため気温が低く、初冬や春でも雪がしっかりと積もっているからです。

 

因みに、越後湯沢周辺のスキー場の多くは4月中旬には営業を終了しますが、ガーラ湯沢はゴールデンウイーク終わりまで営業しています(笑)。

「GALA湯沢」のポイントは…

・駅直結なので、送迎バスに乗る必要がない

・にぎやかなので友達やカップルなどで行くと楽しい

・標高が高く気温が低いため、初すべりや春スキーにはピッタリ!

⑥ 平日・土日ともに空いているところがいい

整備中

土日平日問わず空いているのがこの湯沢パークの良いところ

最適なのは、、、『湯沢パークスキー場』 平日日帰り 7600円

 

スキー場で最もイライラする瞬間のひとつに、ゲレンデが混んでいて全然滑れないことがあります。

リフトは10分待ち、ゲレンデは人ばっかりでスピードが出せない、、、最悪です。

 

しかし、湯沢パークスキー場ならば、そんなフラストレーションはほとんど発生しません。

なぜなら、空いているからです(笑)。

 

湯沢パークスキー場では、平日はもちろんのこと、土日休日であってもほぼ並ばずリフトに乗ることができます!

土日休日プランを利用する社会人の方にもオススメです。

 

越後湯沢の他のスキー場と比べて空いていることから、一部のスキーヤーには「穴場」と呼ばれることもあるのが、「湯沢パークスキー場」です。

「湯沢パークスキー場」のポイントは…

・土日平日問わず空いている「穴場」である

・初心者向けのコースがあること

・レンタルの割引券があること

調べてみてください!

 

下のサイトの「スキー・スノボ」から、気になるスキー場を探してみて下さい。

キーワードのところに、例えば「GALA湯沢」のように、ご自身の探したいスキー場を書き込めば、すぐに見つかると思います。

参考サイト「新幹線で行く!スキー&スノーボードツアー

⇩こちらからも調べることができます!

スキー&スノーボード特集 びゅう

記事は以上です!

関連記事もどうぞ

シェアしてもらえると大喜びします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です