【必見】京王線・中央線―朝と夜の混雑状況を丁寧にお伝えします

シェアしてもらえると大喜びします!

 

三鷹駅前

特快停車駅の三鷹駅前です

今回は実際に中央線・京王線をどちらも使っている私が、それぞれの路線の混み具合について丁寧に説明していこうと思います。

 

東京の通勤ラッシュの混み具合

 

沿線の混雑が気になる方には、沿線地域に引っ越しを考えている方もいるはず。

東京に慣れた人でさえラッシュはやはり嫌ですから、特に、東京に始めて住む東京初心者にとって、東京の通勤電車は想像もつかない恐ろしいものです。

すこしでも混雑を避けられる路線を選んだ方が精神衛生上いいですよね。

 

私事ですが、私が初めて東京に来た時も東京の通勤ラッシュが非常に怖かった覚えがあります。

 

新宿駅・通勤ラッシュ

山手線のラッシュ時。上京するまで東京はこんなイメージでした…

実は、満員電車で苦しむのはどの路線であっても、都心に近い駅から乗る人です。

都心から遠ければ、通勤時間がかかる一方で混雑に巻き込まれにくいし、逆に都心近くであれば、通勤時間は短いものの混雑に巻き込まれやすくなります。

 

中央線と京王線の混雑状況も同じで、都心から近いと混みますし、都心から遠いと空いています。

 


ポイント

混雑が激しくなるのは都心に近い駅で、都心から離れるほど混雑はマシになるよ!


スポンサーリンク

中央線と京王線、それぞれの沿線はこんな感じ

中央線と京王線

沿線の概略図(円形の路線は山手線です)

東京に住んだことがない方がいると思うので、自作の図を交えて沿線を軽く説明します。参考までに。

京王線と中央線はほとんど別の地域を走っていますが、両端の八王子駅と新宿駅は同じ駅なので、競争関係にあるともいえます。

 

中央線

 

中央線は、東京の中心である東京駅から東京西部の高尾までを結んでいます。

主要駅は、東京・新宿・中野・吉祥寺・三鷹・国分寺・立川・八王子・高尾です。

 

八王子駅タワーマンション

八王子駅前のタワーマンション

大まかなイメージですが

東京から新宿までが「都心エリア」

中野から立川までが「住宅地エリア」

立川から高尾までが「住宅地エリア(田舎)」

だと考えてもらうと分かりやすいです。

 

京王線

 

副都心である新宿から、東京西部の八王子や高尾までを結んでいます。途中の北野駅で八王子方面と高尾方面に分岐します。

主要駅は、新宿・明大前・千歳烏山・調布・府中・分倍河原・聖蹟桜ヶ丘・高幡不動・北野・京王八王子・高尾です。

 

聖蹟桜ヶ丘

耳をすませばの舞台となった聖蹟桜ヶ丘周辺

大まかなイメージでは

新宿:「都心エリア」

笹塚から府中まで:「住宅地エリア」

府中から京王八王子・高尾まで:「住宅地エリア(田舎)」

だと考えると分かりやすいです。

 


ポイント

中央線・京王線はそれぞれ「都心エリア」「住宅地エリア」「住宅地エリア(田舎)」に分類するとイメージしやすいよ!


 

混雑率の目安

混雑率目安(国交省資料)

(引用元:三大都市圏の混雑度の目安(国土交通省)

混雑率という言葉はよく耳にしますが、実際混雑率100%と言われてもどんな状態か分かりませんよね。

ということで、具体的にイメージしやすいように図を掲載しました。

 

因みに50%が座席に座れるかどうかの境目だそうです。

混雑率100%は意外と混雑していますね。

スポンサーリンク

中央線は2ページ目で、京王線は3ページ目です

 

さて、中央線と京王線それぞれの混雑状況を見ていきましょう。

中央線は次のページで、京王線は3ページ目です。

次ページ:中央線の混雑は?

_

関連記事もどうぞ

シェアしてもらえると大喜びします!

2件のフィードバック

  1. Timho36 より:

    はじめまして。
    平日毎朝、京王高尾線の山田駅から京王線、都営新宿線を使って九段下駅まで通勤しております。
    しかも山田駅は優等列車は休日に準特急が停車するだけなので毎朝、各停で2つ先の北野まで出て優等に乗り換えています。

    そこで、朝6時半から8時過ぎまでの京王線北野駅からの混雑状況をまとめましたので参考にして下さい。

    特急 6:35発: 始発の京王八王子の時点で満席。運が良ければ各車両端の優先席に若干の空きがある程度。基本的に新宿まで立ち確定となります。

    次の停車駅高幡不動では5分後の6:48に始発の区間急行が出ますが、この特急で来た場合にはこれも着席はほぼ不可能です。
    この区間急行で着席したければ遅くとも6:35にはホームに着いていなければ難しいです。

    急行 6:47,7:04,7:26発。上記特急と同じ状況。始発は京王八王子。始発の時点ですでに満席のため、北野からの乗車だとまず着席は無理です。下記の高尾線急行よりは少しマシです。

    急行 6:56, 7:13, 7:35, 8:03発。始発は高尾山口です。席は高尾、めじろ台ですべて埋まるため、ここでも着席はまず無理です。めじろ台発車の時点で車両中央部付近はすでに立ち客が出ています。

    急行 7:46, 7:54, 8:13発。始発は京王八王子。
    これら3本は都心で9:00出社マストの方々は間に合わないため、始発の時点でポツポツと空席があります。しかし、高尾線からの各停の接続を北野で取るため、少ない空席を争う事になります。その為着席できるかできないかは半々。
    しかし、8:13発は10分後に特急があり、新宿着時刻は5分に縮まるため、そちらに流れる傾向があり、ほぼ着席可能です。

    区間急行 7:15発。始発は京王八王子。
    これも始発の時点でほぼ満席。しかし、優先席だと北野からの乗車でも着席できる確率がかなり高いです。(一番先頭の女性専用車、4号車より後方の車両。/新宿方から先頭が10号車、一番後ろが1号車です。)

    区間急行 7:37発。始発は同じく京王八王子。始発の時点で先頭の女性専用車とその次の9号車、4号車より後方は結構空席があります。
    該当車両に乗車する場合はほぼ100%着席できます。他の車両は難しいですが、優先席には若干の空きがある事が多いです。
    着席可能な該当車両は北野の2つ先の平山城址公園で満席になります。
    僕がいつも利用している列車です。
    恐らく、朝7時代の優等では一番着席できる確率が高い列車です。

    この区間急行で着席できなく、かつ時間に余裕がある場合は高幡不動で降りて、2分後の7:48に発車する始発の各駅停車を狙って下さい。間違えなく着席できます。この各停の新宿到着は9:01です。 
    2つ先の聖蹟桜ヶ丘で席が全て埋まります。

    各停:間違えなく着席できます。

    高幡不動の次の百草園で満席となります。
    それ以降は府中で優等に乗り換えるお客さんが多いのでそこで着席チャンスが生まれますが確率は半々です。

    しかし、7:06発と7:28発は途中の府中止まりです。

    その上、各停は途中、府中、調布、つつじヶ丘で優等の待ち合わせ、飛田給、八幡山では通過待ちを致しますので、北野から新宿まで全区間乗り通すと確実に1時間半かかります。

    ということで北野駅からの朝の混雑状況を説明させて頂きました。
    参考にして頂ければと思います。

    • king-blog-slime より:

      Timho36さま
      はじめまして。king-blog-slimeと申します。

      丁寧な説明ありがとうございます。
      私は高尾線沿線ではなく本線沿線に住んでいるので、参考になります。

      特に遠方(高尾山口・京王八王子~府中)からすべて各駅停車でいくのは厳しいですね(汗)。
      ありがとうございます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です