予想以上にデカい!新凱旋門(グランダルシュ)に行ってみた

シェアしてもらえると大喜びします!

 

 

こんにちは。

キング・ブログ・スライムです。

 

パリと言えばルーブル美術館やエッフェル塔など有名な観光地が多いですが、その中でも5本指に入るのは凱旋門ですよね。

正式にはエトワール凱旋門( Arc de triomphe de l’Étoile)と言います。

 

凱旋門に登って頂上からパリの町並みを望むと、西方面にパリの新都心(オフィス街)が見えると思います。

そしてその手前に四角い形をした建築物が見えませんか?

 

パリのエトワール凱旋門から撮影したパリ市内の夜景です。ビル街があるその真ん中あたりに「コ」を左に90度回転したような建造物が見えるはずです。

しかも凱旋門から確実に目視できるレベルなので、なかなか巨大です。

 

これが今回紹介するパリの新名所・グランダルシュです。

スポンサーリンク

基本情報

★地図:1 Parvis de la Défense, 92800 Puteaux, フランス

 

最寄りはラ・デファンス駅

最寄り駅はラ・デファンス駅(La Défense)なんですが、私が当日使っていた1日使い放題きっぷ(モビリス)が対応していたのはゾーン1、2のみ。

La Défense駅はゾーン3にあって追加料金が必要だということで、手前のポン・ド・ヌイイ駅(Pont de Neuilly)から歩くことに。

 


パリで面白いのは外観の変化です。

ゾーン2までは古い街並みが続くパリらしい外観ですが、ゾーン3に入った瞬間高層ビルばかりになります。

 

街の様子です。オフィスビルが一気に増え、東京都内と大差ない風景に様変わりします。

うる覚えの知識ですが、確かパリの旧都心部は観光資源を守るために開発が制限されていると聞いたことがあります。

 

ポン・ド・ヌイイ駅から歩くこと約15分。ようやく近くに見えてきました。

やっぱり近くで見るとデカイですね(笑)

 


更に近づくとこんな感じです。

人が豆粒のようですね(笑)

 


下から見た様子です。

 

凱旋門下からフランスの旧市街です。

大通りを真っ直ぐに進んだ先に何か見えませんか??

 

拡大した写真です。

こちらは新・凱旋門ですが、先に見えるのは旧・凱旋門です。

 

1階フロアに記念碑がありましたが、いたずらによって一部が傷ついたり見えなくなっていました。

スポンサーリンク

展望台もある

 

展望台の入口は新凱旋門の真下にあります。

入場料は下の通りです。

 

大人:15ユーロ

小人:7ユーロ

学生:10ユーロ

グループ:12ユーロ

展望台にしては少し高いので、今回は諦めました(笑)

興味がある方は上ってみても良いかもしれません。

以上です!

スポンサーリンク

_

関連記事もどうぞ

シェアしてもらえると大喜びします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です